ブリヂストン・アルベルトe入荷しました!
2015 / 03 / 10 ( Tue )
201503al1.jpg
ついにきました。
話題のブリヂストン完全オリジナルの記念すべき電動アシスト自転車、
アルベルトe(¥131544・税込み)です!

BSデュアルドライブと命名された、新開発フロントハブモーターと後輪ソリッドカーボンベルト駆動の組み合わせがスムーズで安定感のある走りを実現しました。
電源オンでは両輪駆動となるため、滑りやすい路面でも走行安定性を保つことができます(実際、雪国ではこのタイプは雪道もガンガン走れるので人気だとか・・・)

2015al.jpg
変速は内装5段式。トップはかなりハイギヤードで、ギヤが足りずに足が回りすぎるなんて心配もなさそうです。
ブリヂストン自慢のカーボンベルトは鮮やかなブルーを採用!チェーンよりも伸びが少なく長寿命で、困り者のチェーン外れも心配なし!油もいらないので汚れも気にならないなどいいことづくめですね!

バッテリーは従来の主流が25V前後だったのに対し、こちらアルベルトeは36V!
容量は6.2Ahですが、高電圧化によって総エネルギー量は従来の8.7Ahをやや上回ります。
走行距離の目安は32~52Km位とのこと。
ALF.jpg
前輪モーター駆動にすることのメリットはいくつかあります(もちろん、従来型の後輪駆動にもメリットはあります。後述します)が、先にも述べたように事実上の両輪駆動になることで走行安定性が向上します。
路面への力の伝達も前後輪に分散しますので滑りにくくなります。

肝心の新開発のフロントハブモーターですが、他社の従来モデルに比べて軽量・コンパクトで、実際に電源OFF時の走行もいたって軽いです。従来のものにあった、ハンドルを切る感覚が重いということもアルベルトeにはほとんどありません。
見た目も、ブルーのラインが入ってスポーティな印象でなかなかカッコイイ。

またメーカーの話として、センターモーターのタイプより電気的なパワーは出せるそうです。
前輪にスピードセンサーとトルクセンサーの両方を搭載しており、センターモーター・後輪駆動の組み合わせのように人力が介在しないのでモーター出力の管理がしやすく、規定ぎりぎりまでパワーをだせるそうです。
実際に乗った感想としては両輪にジワッと力がかかるせいか、わかりやすいガツンとした加速というよりなめらかでスムーズな加速感です。チェーン駆動のジャリジャリ音は皆無でとにかく静かでペダルに伝わる感触もなめらかなのが印象的です。

ズバリ、アルベルトeのおススメ用途はちょっと距離が長めの通勤、通学やサイクリングです!
従来の電動自転車にないスムーズさ、音の静かさ、自然な加速感は、純粋に乗っていて気持ちいいです。
電源OFFでも何の違和感もなく快適です。ベルト駆動であることに加え、センターモーター型に存在する、チェーンにテンションをかけるプラス2個のプーリーが無いことで漕ぎ味は明らかにこちらが上回ります。

一方、重い荷物を載せたり、子供乗せ用途、強烈な激坂がある場合は現時点では従来のセンターモーター&後輪駆動に分があります。前輪モーター駆動では角度がきつくなるほどに駆動輪である前輪でなく後輪に荷重がかかり、力が伝わりにくくなってしまうからです。
坂道での力強さ、わかりやすいパワフルさ、といった実用性重視なら間違いなく後輪駆動を選ぶべきです。

ただ、ブリヂストンとしても当然そのあたりはわかっているようで、このアルベルトeに採用したBSデュアルドライブと従来の後輪駆動方式は用途によって使い分け、併存させていくとのことです。

・・・と、かなり長々と説明ばかりしてしまいましたが、実際には乗ってみるのが一番わかりやすいです。
と、いうことで試乗は随時OKですので興味がおありの方は乗ってみるべし!






スポンサーサイト
19 : 42 : 16 | 電動自転車 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ブリヂストン・HYDEE・Ⅱ限定車! | ホーム | HYDEE.Ⅱ限定カラー!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://bikespuppy.blog133.fc2.com/tb.php/334-d661c3ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |